花・草木で使う土の配合は? 赤玉土・腐葉土など花・草木で使う土のおススメする配合をご紹介します。

2019年10月9日

<< 基本知識・豆知識 >>

~ 花・草木 ~

 
  

こんにちは、ケンコーです。

皆さん、花や草木に使う土は何を使っていますか?

初心者には、土に何を使えば花や草木が育ってくれるのか迷うと思います。

市販に花・野菜用の培養土もありますが、自分で土を配合して花・草木との相性を見るのも良いと思います。

また、観葉植物など室内で育てる際に気を付けるのが、虫・菌です。市販の培養土には高い確率で虫や菌があります。

ですので、無菌で植物が育つ土があれば、室内でも安心して育てる事が出来ます。

今回は、「花・草木におススメする土の配合のポイント」についてご紹介したいと思います。

おススメする配合

屋外

基本ベース

私が花や草木に使う基本となる土の配合は、
腐葉土3:赤玉土6:鹿沼土1

です。(以降「ベース土」と呼びます)

使い方としては、腐葉土、赤玉土を先に混ぜ、植物の根が隠れるくらいまで入れます。

その後、上記土の表面を覆うように鹿沼土を入れます。

鹿沼土は無菌の為、虫や菌を抑えてくれます。

また、鹿沼土は色が薄い黄色で、おしゃれ感が出て見栄えも良くなります。

植物のタイプによる土の配合

ベース土を基本に、タイプにより少し配合内容を変えます。

保水性重視の植物:ベース土8:バーミキュライト2

通気性重視:ベース土8:パーライト2

水はけ重視:ベース土8:鹿沼土2

このように、植物の相性に応じて少しずつ土の配合を変化します。

おススメする配合ー屋内

屋内で使う土は、主に殺菌された土がおススメです。

基本となる土は、
ピートモス3:赤玉土6:鹿沼土1

です。

腐葉土は菌があるため、無菌のピートモスを使うと良いでしょう。

屋外と同様、先にピートモスと赤玉土を混ぜた土を全て入れてから、表面を鹿沼土で覆います。

各土の特徴

ベース土

赤玉土:「通気性」・「保水性」

鹿沼土:「通気性」・「保水性」・「酸性」

土壌改良用の土

腐葉土:「有機質」・「排水性」・「保水性」

ピートモス:「保水性」・「通気性」・「酸性」

バーミキュライト:「通気性」・「保水性」

パーライト:「通気性」

関連記事

Posted by 管理人